著作権について

 

1         著作権とは
 法律によって著作者に与えられる権利の事で、著作権法という法律に定められたものです。著作物にも書作権にも様々なものがありますが、「絵本の文章を『かな書き』から『漢字仮名交り文』に改訂すること」に関連する部分を解説致します。

 

2         著作権の中心部分
 著作物を販売した収益を著作活動を続けるための活動費に充てていますので、著作物の複写を頒布することが禁じられております。有償で頒布する事は勿論、無償であっても『個人的使用』の範囲を超えると違反になります。

 

3         作品の一部を変更する事
 「仮名書き」を「漢字仮名交り」に書き直すことは、著作物の改変になり、著作者の「意に反する改変」に当たる場合があるので、「同一性保持権」に守られるべき対象になります。従って、著作者の許諾が必要になります。また、翻案権、複製権の何方かの侵害にもなり得ます。従って、「石井未来館」のサイトで『漢字仮名交り文の挿入部品』を提供する場合は、著作者の許諾を得る必要があります。

 

4         「石井未来館」の利用者に許された活動
 このサイトに示した『自分で作るには』を参照して、子や孫に『漢字仮名交り文挿入部品』をご自分で作ってあげられます。
 「石井未来館」が会員に提供するには、前項に示す『著作者の許諾』が必要ですが、申請にはしばらく時間が掛かります。『漢字仮名交り文挿入部品』の公開までお待ちください。
 市販されている絵本を買って頂き、そこにプリントした『漢字仮名交り文』を貼り付けることができます。

 

5         『漢字仮名交り文』の著作権
 2項で説明したように、「石井未来館」が提供する『漢字仮名交り文』にも著作権があります。プリントした『漢字仮名交り文』を頒布する事は著作権法に違反しています。ご家族の中(子や孫に与える絵本)で使う範囲に止めて頂く必要があります。