私達が購入できる絵本の殆どは『仮名書き』で作られています。「子供には「漢字」は難しい。」と、大人の大多数が考えているからです。しかし、子供が漢字を見ながら言葉を覚えると、素早く、確り身に付くのです。2004年に亡くなった石井勲博士が、教育実践の中で見出しました。生前は『漢字仮名交り文による教育』の浸透が進んでいましたが、没後は一向に広がらなくなりました。

 幼い子供達が持っている「言葉を覚える」能力を最大限発揮させるには「漢字仮名交り文の絵本」の普及が一番だと考えます。このサイトでは、市販の漢字絵本を加工して『漢字仮名交り文の絵本』に変身させる方法を紹介します。また、会員のために『漢字仮名交りの挿入文』を提供しようと構想しています。準備が整うまで、暫くお待ちください。

                       石井未来館 館長 石井  峻