書名
0











赤ちゃんの脳力アップは漢字から 世界の学者が「漢字」に注目した
漢字で育った子どもの脳は三倍早く動き出す
NHKで取り上げた二歳の幼児の漢字力
漢字教育だけで知能指数130の秀才となる!
一日一字で就学前に小学校で習う漢字のすべてが読める
幼児は言葉を通してものを認識し、記憶する
言葉の数が少ない子供は知能が低い
「かな」を読めなかった脳障害児が「漢字」を読めた!
なぜ、脳障害児は漢字が読めたのか
二歳の幼児が「教育」という漢字を読んだ!
漢字はゼロ歳から覚えられる! 「東京」「とうきょう」「TOKYO」一番わかりやすいのは?
「鳩」「鳥」「九」「く」の中で一番むずかしいのは「く」
「鳥」という鳥はいないからむずかしい
言葉と漢字の両面から実体をつかませる
「小学校」はあっても「しょうがっこう」という表記はない
幼児は漢字を丸呑みする
三歳までに脳の基礎はでき上がってしまう
赤ちゃんも一生懸命しゃべっている
ゼロ歳児には不思議な能力がある
チンパンジーと人間の子供はどこで差が出たか
15年間、小学校の現場で漢字教育を実践してみた
先進国の中で国語の授業が最も少ないのは日本
算数嫌い、理科嫌いの原因は国語カ不足
幼児期の漢字教育で受験戦争から解放される
英会話を完璧にマスターさせたいなら幼児期から始める
教える漢字は一日一字! 一歳半で300 字の漢字を覚える
言葉の学習は身近なものから始める
生活のまわりに漢字カードを
教える漢字は具体的なもののほうがいい
子どもの好きな字を選ぶ
読めても意味がわからないのでは何もならない
教える漢字は一日一字でよい
子どもは繰り返しが好き
時間を決めて繰り返し教える
目と耳を使わせることで「かな」を教える
語尾の変化を通しても「かな」は覚える
楽しく遊ぶ漢字カードの使い方
こんな絵本も読めるようになる
幼児には大人にない理解力がある
読書好きにさせるには
漢字の成り立ちから興味を持たせる
漢字の「漢」はどうしてサンズイなのか
この漢字はどう教えたらいい?
「漢字を教えない」のが
漢字教育の基本
教えてはダメ、母親を真似ながら子どもは言葉を覚える
子どもの意欲の芽を摘むな
幼児の「なぜ」には必ず答えてやる
幼児語は使わないほうがいい
テレビの「音」では脳は発達しない
テレビに子守りをさせない
家庭教育の重要性
天才は学校教育の中からは生まれない
読み方が間違っても神経質になるな
鯨は哺乳類なのになぜサカナ偏になっているのか
漢字は書けなくてもいい。読んで意味がわかれば十分
推理する能力があるから知らない漢字も読める
漢字を知っていると読書スピードは二倍三倍も速い
読書の面白みを教えてやることが大事
できる限り漢字の多い本を
「智慧」のある子に育てよう
今の小学校入学試験はおかしい
身の回りのことから学習させる
テストでは能力ははかれない
学校教育は個性を潰している
言葉を使って体験を表現させることが大切
自立した人間にするには
親子で一緒に漢字教育を
お父さんとお母さんのための漢字の常識 スメール人は日本人の祖先?
四大文明と文字
アルフアベットは借り物
「文」と「字」
漢字には「呉音」と「漢音」がある
新しい言葉は漢音で読まれる
漢字は「象形」と「指事」から始まった
第二次の造字法「会意」
第三次の造字法「形声」
漢字の90 パーセント以上が形声
借りてつくる「転注」と「仮借」
日本語は世界一音韻が少ない
日本人は音韻を区別できない
抽象性に富んだ日本語
言葉には民族性がある
漢字は学問の基礎である
第六章はリンクを省略